エクセレンス

私たちが食品について語るとき、「良い」または「クオリティー」などの言葉が用いられ、それらの意味はしばしば混同されています。多くの場合、「良い」という言葉は、私たちが好きなものを表しています。それは私たち自身の嗜好に対するものであって、常にクオリティーのある製品を意味しているとはいえません。すべての人々が自分自身の価値基準をもっており、ある人にとって「良い」ものが、必ずしも他の人にとっての「良い」ものであるとは限りません

クオリティーについての概念は、これとは完全に異なるものであり、非常に興味深いと私たちは考えます。

多くの場合、エクストラ・バージン・オリーブオイルに関する重要な点は、感覚・知覚または栄養学の特徴にあるとみなされていますが、これは誤解です。なぜなら、オリーブオイルの感覚・知覚の特徴は、個人の好みに関する要素に基づくものであって、それは主観的なものにすぎないからです。

衛生面での適性、衛生管理、市場性、食物として使用または消費するための適性に関する一連の規定が遵守され、そしてその価値を認められた時、製品は本当の意味でクオリティーをもつのです。

私たちは、<オリーブオイル職人>です。私たちは、自分たちのブランドのもとで、自分たちの栽培するオリーブを原料としたオリーブオイルを容器に詰め、販売をしています。本物であるということの保証は、私たちにとって必要不可欠のものです。オリーブオイルのアイデンティティーは、生産者から消費者に至るまで、トレーサビリティによって告知され、保証されるべきです。私たちは、製品に関するすべての情報を提供することができ、オリーブをどれくらい、どこで、いつ、誰が作り、誰が絞り、いつ容器に詰めたか、ということを証明書類に正確に詳述しています。

このように、製品のクオリティーは、生産者のクオリティーと密接に関連しており、そこには信頼性、透明性、正真正銘のものであること、適合性、そして誠実さがあります。単なるデータの提示によってではなく、その製品を決定づける信頼性と意図、そして将来性によってこそ、「クオリティー」は「エクセレンス」に、すなわち品質が卓越したものと呼ばれるようになるのです。ここに、製品のみならず、むしろ生産者こそが、質の向上にむけて、責任をもって継続的に精進しなければならない理由があります。私たちの製品は、単にオリーブから生まれたオイルというだけではなく、背景、責任、意図をもった製品なのです。

製品の「エクセレンス」は、プロセスの管理における「エクセレンス」と必然的に対応します。これは、オリーブの収穫を適切な時期に行なうこと、適切な方法で保存すること、適切なタイミングに適切な方法を用いて加工を行なうこと、そして最良のコンディションでオイルを保蔵することなどを含みます。私たちは、提供する高品質のオリーブオイルを扱うにあたって、明瞭で透明でありたいという信念のもと、これらすべてのことに献身的に取り組んでいます。誠実さに関する一貫した倫理をもち、啓発し続けることを理念としています。

「エクセレンス」は、何を、どのように、私たちが生産したいのかということの成果を表す付加価値として説明することができます。私たちの願いは、皆さまに、真心をこめ、正真正銘の製品を提供することなのです。

誠実さの理念のもとで作られる私たちの土地の製品、エクストラ・バージン・オリーブオイルは、多くのことを私たちに教えてくれます。真の経験の中に、伝統の中に、そして人々の感性の中に、光を探し求めることが必要です。土地とその生産物とを結びつけ、地域の伝統を活かしたものにし続けることは、重要なことです。社会における善幸を奨励しながら、私たち自身と皆さまのために、私たちはこれらのことを実践していきます。

戻る